ビールが苦手な女性にもおすすめの美味しい『ビアカクテル』

 

こんにちは川口です。

今回はビア・カクテルについて書きたいと思います。そうです自分の大好きなビールです…あまりメジャーではないですが、ビールベースのカクテルもあるんです。普段ビールをあまり飲まない方、ビールが苦手という方もカクテルになれば飲めるかも…?そんなビア・カクテルを何種類か紹介したいと思います。

まず有名なのは「レッドアイ」です。基本的にはビールとトマトジュースを1:1ですが、レモンを搾ったりタバスコやウスターソース、塩胡椒を加える等、自分好みの味にする事ができるカクテルです。その名のとおり”赤い目”二日酔いの充血した目の事なので、迎え酒として好まれます。映画”カクテル”で主人公トム・クルーズの師匠がレッドアイに生卵を入れて、朝飯として飲んでます。

「シャンディガフ」
依然紹介しましたが改めて紹介します。レシピはビールとジンジャーエールを1:1です。本来はエールビールとジンジャーエールを使ったもので、イギリスでは伝統的な飲み物です。ビールの苦味をジンジャーエールの甘味が和らげてくれ、生姜の辛味がアクセントとなっています。口直しや、ビールはもういらないという方でも、スッキリと飲めます。

「ラドラー」
日本ではサントリーが発売していたのでご存知の方も多いかも。ドイツではポピュラーな飲み物で、ラドラーは”自転乗り”の意味。サイクリング途中のお客に提供したところ、好評だった事が由来と言われます。レシピはビールとレモネードです。さっぱりとしたレモネードと、ビールの苦味との相性が良く。肉料理との相性も抜群です。フランスではパナシェと呼ばれます。

ラドラー(パナシェ)

「レッド・バード」
ビールにウォッカ、トマトジュースを加えたものです。ウォッカとトマトジュースのカクテル”ブラッディ・メアリー”をビールに加えたビア・カクテルです。ブラッディ・メアリーもレッドアイと同じく様々な材料を加えて自分好みに出来るカクテルです。それにビールを加えるので、より飲みやすく、またビールの苦味と炭酸が良く合います。

レッドバード

「ボイラーメーカー」

ビールにバーボンを加えたものです。その名のとおり、体がボイラーのように熱くなる事から。正式な飲み方はビールの入ったグラスに、バーボンを注がれたショットグラスをグラスごと落とすというもの。ただし溢れたり、ショットグラスが口に入ったりと危険なので、この飲み方はおすすめはしません。しかも酔いが回りやすいのでご注意を!

ボイラーメーカー
バーボンの注がれたショットグラスを落とします。

ちなみにバーボンをジンに変えると「ドックスノーズ」、テキーラに変えると「サブマリノ」、ウォッカとタバスコを加えれば「ビアバスター」というカクテルになります。その他にも各種リキュールやジュースと、ビールを使ったビア・カクテルもあります。

ミントリキュールを加えた「ミントビア」

ミントビア

オレンジ・ジュースを加えた「ビター・オレンジ」等様々なビア・カクテルがあります。

ビールが苦手な女性の方やビールを普段飲まない方もおすすめです。

042-527-1616