【夏カクテル】自家製セロリジンとフルーツトマトのブラッディ・サム

 

カクテル

今年は梅雨が長くどんよりした蒸し暑い日が続きますね。そんなじめじめした季節にもぴったりの、野菜を使ったフレッシュカクテルをご紹介します。今回はブラッディ・サムをアレンジした「自家製セロリジンとフルーツトマトのブラッディ・サム」です。

※「ブラッディ・サム」はジン×トマトジュースのカクテル。ベースにウォッカを使うと、よく知られる「ブラッディ・メアリー」になり、テキーラを使うと「ストローハット」となります。

タンカレー・ナンバーテン×セロリ

新鮮なセロリとジンを合わせて、まずはベースとなる自家製セロリジン作り。今回は選んだジンは、タンカレー・ナンバーテン。フレッシュフルーツや手摘みのボタニカルなど素材にこだわって作られた、繊細かつ洗練された味わいをもつジンです。

そのタンカレー・ナンバーテンと、セロリの葉、茎を小型の蒸留釜に入れて火にかけていきます。蒸留器の出口から滴りおちたのを味見してみると…セロリの香味がしっかりとジンのフレーバーに乗っていました!アルコール濃度を45%に調整加水して、爽やかなセロリジンの完成。

フルーツトマト×スロージューサー

次は合わせるトマトジュースです。今回選んだトマトはフルーツトマト。フルーツトマトは普通のトマトに比べて高糖度で、濃縮された味わいで香りが強いのも特徴です。こちらのフルーツトマトを、贅沢に2コ分スロージューサーを使ってゆっくりと搾汁していきます。

トマトがまるごと入るスロージューサーで搾汁。

スロージューサー(コールドプレス・ジューサー)を使うことでトマトの栄養素を壊さず、ジュースにすることができます。余分な種なども取り除かれ、トロッとほどよい果肉感のあるトマトジュースに仕上がります。市販品のトマトジュースとは比べ物にならないくらい美味しいです。

カクテルを引き立てる副材料を加える

出来上がったセロリジンとトマトジュースを合わせる他に、味をひきしめるための副材料を加えていきます。フレッシュレモンを1カット搾り、爽やかな酸味を加えたら、セロリの香りをより引き立たせるアクセントとして、セロリビター、セロリソルトを少々。さらにリーペリンソース、ブラックペッパーでスパイシーさを追加。

【レシピ】タンカレー・ナンバーテン・セロリジン 25ml、フルーツトマト 2コ、セロリビター 1dash、セロリソルト 2振り、カットレモン 1搾り、リーペリンソース 3drop、ブラックペッパー少々

最後にセロリとドライレモンを飾って…完成!

自家製セロリジンとフルーツトマトのブラッディ・サム

フレッシュなトマトの味わいと、あとに香る爽やかなセロリとジンのフレーバー。まるで冷製スープのような、夏向けカクテルに仕上がりました。新鮮野菜が梅雨と暑さでバテた体をリフレッシュしてくれます!トマトは美肌効果もあるので、女性のお客様はぜひ(^^)

また、セロリジンはジンソニック・スタイルでの飲み方もとても爽やかでおすすめですので、こちらもぜひお試しください。

以上、本日のブログは小林がお届けいたしました。

042-527-1616