モッツァレラチーズの燻製 〜焼いて美味しいスカモルツァアフミカートの手作り

 

zolです。
本日は前回のブログでご紹介したランチカレーのトッピング、スカモルツァアフミカートの作り方を紹介したいと思います。ちなみにこのチーズについて調べてみるとイタリアのチーズでスカモルツァが紐で吊り下げて熟成させたチーズで、アフミカートが燻製したという意味になるらしいです。それではまずモッツァレラチーズを用意してカットしていきましょう。

1キロのモッツァレラを3等分。6個仕込む。

縛り方は今回オリジナルで行こうかと思います。

チャーシューみたいに巻いてみたり格子状に巻いてみたり亀甲縛りを意識してみたり。

かなり自由に巻いてみました。目的としては熱によって柔らかくなったモッツァレラチーズを垂れ落ちないようにするため。

 

どのくらい食い込んでくるのかが楽しみです。

とりあえずぶら下げてみました。

今回は味付き半熟卵とタラコも一緒に燻製。

この順番の理由はあまりモッツァレラに熱を入れたくはないものの、水分が相当垂れ落ちることが予想できたため一番下に配置。タラコもなるべく冷燻で仕上げたいと思います。とはいえ夏場の燻製はどうしてもスモーカー内の温度が上がってしまうんですけどね。

さてここから2時間、70度前後で燻していきます。。。

 

完成!

スゴイくい込み方してますね。

チーズを縛るのは生まれて初めての経験だったのでこの縛り方であっているのかがわかりませんが、なんとか持ちこたえてくれました。
一晩冷蔵庫で寝かせてこの食い込んだタコ糸を外すのですが、それが一番大変だったかもしれないです。
このスカモルツァアフミカート。定番の食べ方がスライスしてフライパンで焼いて食べるのがおすすめで焼いた表面がカリッとして香ばしく、燻香が蘇ってきます。

軽く塩こしょうをしてテフロンのフライパンでこんがり焼く。テフロン加工が剥がれているとくっつくのでなるべく新しいフライパンで焼くのがおすすめ。

もちもちとした食感でワインやウイスキーのおつまみにとても相性が良いです。

燻製の盛り合わせにも盛り込めるのでどうぞお試しください。

 

 

042-527-1616