レッドホットポーカー(火かき棒)を使ったカクテル〜機材編

 

今年もよろしくお願いいたします。zolです。

まだまだ寒い日が続いているのでホットカクテルを作ろうかと。今回は火かき棒(ポーカー)でカクテルを温めることに。通常ホットカクテルは鍋で温めたり、電子レンジで温めたりといくらでも方法はあるが、アツアツに赤くなるまで熱した火かき棒(レッドホットポーカー)で温めるとカラメルのような香ばしい香りが生まれるという。

ではまず火かき棒になるものを揃えることに。 いろいろ調べていくと銅製の直火式のはんだごてが向いているということなので購入することに。

ヤフオクで購入。
炭火式の銅製はんだごて

カクテルを温める際に本当はストレートの槍型が良かったのだが出品されていなかったのでオノ型を購入。

熱して無理やり曲げて槍型に

さっそくガスコンロで火にかけたのだがなかなか熱くならないことに気がついた。

キッチンのガスコンロ

通常のガスコンロは外炎式といって、鍋底を満遍なく熱する為に炎が外側に均一に広がる様に設計されている。

ところがポーカーの様に細長いものを熱するにはあまりにも効率が悪い。ガスの無駄遣いだ。もっと効率よくポーカーを熱するのに必要なのが内炎式のコンロになる。内炎式はガスの炎が内側に集中される様な設計で、均一さには欠けるが外炎式よりも熱効率が高いと言われている。

この内側に集まった炎を全てポーカーに当てさせるにはどうすれば良いのか、、、

やはりポーカーを吊るすしかない。

そこで購入したのがトライポッド。通常はキャンプやバーベキューの時にダッチオーブンを吊るすのによく用いられるものだ。これをポーカーと炎の位置に合わせて切断して、トライポッドの上に引っ掛けられるようにした。

内側に集まった炎が全てはんだごてに当たるようになった。

これでカウンターの中でガスを無駄にすることなくレッドホットポーカーを思う存分に楽しむことが出来る。

じゃあどんなカクテルを作ろうか。。

ホットの自家製ラムコークを作ろう!

次回に続きます。

042-527-1616