【女性に人気】春の美味しいフレッシュフルーツカクテル~イチゴ、日向夏、マンゴー

 

季節によっていろいろ楽しめるバーの定番人気、フレッシュフルーツ・カクテル。特に女性のお客様には必ずと言っていいほどオーダーいただくことが多く、いつもご好評いただいております。今日は今おすすめのフレッシュフルーツを使ったカクテルの一例をご紹介します。

苺×ローズヒップのマティーニ

栃木県産の美味しい苺「とちおとめ」を使ったマティーニ。今回はミクソロジー要素も取り入れて、苺と相性の良いローズヒップを漬けこんだヘンドリックス・ジンをベースに使用。ヘンドリックス・ジンは11種類のボタニカル+バラキュウリのエッセンスを加えて作られているのが特徴のスコットランド産クラフトジンですが、今回はローズヒップをインフュージョンさせて、よりバラのフレーバーを引き出し、イチゴと合わせたときの香りのよさを強調。苺もローズヒップもビタミンCが豊富なので女性におすすめ。

苺とローズヒップのマティーニ。ローズヒップを浸けたジンはトニック割りやロックでも美味しい。

フレッシュマンゴーのファジーネーブル

こちらはピーチリキュール×オレンジジュースの有名なカクテル「ファジーネーブル」に、フレッシュマンゴーを加えたアレンジカクテル。マンゴーの果肉をブレンダーにかけてピューレ状にし、ピーチリキュール、オレンジジュースを加えたら、甘みを引き立てるケテルワンウォッカを少量。味をしめるアクセントにコリアンダービターを入れてシェイク。ドライオレンジのお皿を浮かべて角切りマンゴーをのせたら完成。濃厚なマンゴーの香りと、とろりとした独特の感触をお楽しみください。

とろとろ美味しい、フレッシュマンゴーのファジーネーブル。

日向夏のカイピロスカ

こちらは毎年の定番ですが、安定して人気の日向夏を今年もカイピロスカ・スタイルでお出ししています。外皮をむいて適度にカットした日向夏の実をつぶして果汁を出し、シュガーとウォッカ、クラッシュアイスを加えて混ぜ合わせたシンプルなカクテル。日向夏の果汁はさっぱり爽やかな酸味がありますが、果肉についている白い皮の部分に他の柑橘類にはない甘みがあるのが特徴。ごろごろと入ったジューシーな日向夏の実を食べながらどうぞ。

日向夏のカイピロスカ。お好みでミントやローズマリー、タイムなどハーブを添えるとさらに爽やかでおすすめ。

おすすめの一例をご紹介しましたが、その他ご要望がありましたらお好みに合わせてお作り致しますので、お気軽にお申しつけくださいませ。(もちろんノンアルコールでもOK!)これから夏に向けて美味しいフルーツたちがどんどん出てきます。一人飲み、女子会など、さまざまなシーンで季節ごとに移り変わるフレッシュフルーツカクテルをぜひ味わいにいらしてください。

以上、本日のブログは小林がお届けいたしました。

042-527-1616