【女子会やデートに】クリスマスのおすすめカクテル~スタンダードカクテル編

 

もうすぐクリスマスですね。立川駅まわりもイルミネーションが点灯し、街はクリスマスムード一色になってきましたね。今日はそんなクリスマスの雰囲気にぴったりのスタンダードカクテルを少しご紹介しようと思います。

エンジェルズ・キッス Angel’s kiss 】

こちらは“天使のくちづけ”という名をもつ、聖夜にぴったりの甘いデザートカクテル。日本では慣用的にエンジェルズ・キッスやエンジェル・キッスと言われていますが、欧米では「Angel’s tip=天使のチップ」が正式名称のようです。レシピはカカオリキュールに生クリームをフロートさせた2層のカクテルに、カクテルピンにさしたチェリーをグラスに乗せるだけのシンプルなもの。

飲むときはショットスタイルで一気に飲むのが一般的。

ですが、それだけでなく味わう前にまるで占いのような可愛い運試しができるのです。カクテルピンを手に取り、真ん中のチェリーをグラスの縁を使ってピンの先端にくるようにします。そしてチェリーをカクテルの底に一度沈めてから静かに引き上げると…上手くいけばカクテルの表面にハートのようなキスマークが浮かびあがると言われてます。天使からの祝福がうけられるかどうか…運を試してみてはいかがでしょうか。

キャロル  Carol 】

キャロルとは賛美歌のこと。クリスマス・キャロルもその一種ですね。レシピは“カクテルの女王”といわれる著名カクテル「マンハッタン」にも似ています。マンハッタンと大きく違うのはベースがウイスキーではなくブランデーを使います。ブランデーにスイートベルモットを合わせてステアし、カクテルグラスに注いだらパールオニオンを沈めて完成。(パールオニオンとは西洋野菜でその名の通り、真珠のように小粒で丸い、光沢のある白玉ねぎのこと。)ブランデーの香りと深みにスイートベルモットの甘さがマッチした、濃厚で飲みごたえのあるショートカクテルです。また、見た目もカクテルの赤とパールオニオンの白の組み合わせがクリスマスにぴったり。ちなみにカクテル言葉は「思いを君に捧げる」だそう。そんなロマンチックで大人の雰囲気溢れるこのカクテルで聖夜に乾杯するのも素敵ですね。

ブランデーとスイートベルモットが織り成す、ちょっと大人な味わいのキャロル。

以上、今回はクリスマスにぴったりなカクテルをスタンダードカクテルの中からほんの少しご紹介しました。デートや女子会など、クリスマスにちなんだカクテルをバーで飲みながら、この季節感を楽しんでみてはいかかでしょうか。今日のブログは小林がお届けしました。

042-527-1616