【限定品紹介】バーボン樽フィニッシュの「カンパリ・カスクテイル」

 

今日のブログは、現在バックバーにありながらもまだご案内できていなかったものをご紹介するシリーズとして、今回はイタリアの代表的な食前酒「CAMPARI」の数量限定リリースのプレミアム商品である「カンパリ・カスクテイル」についてご紹介しようと思います。

「カンパリ・カスクテイル」は、CAMPARIの創業者であるガスパーレ・カンパリ氏の息子であり、後を継いでから事業を拡大し成長させたダヴィデ・カンパリ氏の生誕150周年を記念して作られました。2017年に世界で限定発売された際はバーテンダーやミクソロジストの間でも注目され、2021年にふたたび限定発売されました。

現カンパリのマスターブレンダーであるブルーノ・マルヴァジ氏によって開発されたカンパリ・カスクテイルの一番の特徴は、バーボン樽で熟成されていることです。専門的知識を持つブルーノ氏が、世界で活躍するトップバーテンダーたちから発想やアイデアを得て、さまざまな樽で試して作ったという魂のこもった一品です。

バーボン樽熟成というとパンチのある仕上がりになっているのを想像してましたが、個人的な感想としては、とても柔らかくスムースな口当たりで飲みやすく感じました。アフターテイストに樽の香りもほどよく感じられて美味しいです。

カンパリ・カスクテイルおすすめの飲み方

いろいろ飲み方はありますが、その中で特におすすめの飲み方を3つご紹介します。

①オン・ザ・ロック

カスクテイルならではのスムースで深みのある味わいや、樽の香りを直接的に感じたい方にはオンザロックがおすすめです。独特の甘苦さがクセになりますね。

ドライオレンジを添えても美味しいオンザロック。

②カンパリ・シェカラート(シェケラート)

シェカラート(イタリア語でシェケラート)とは、「シェイクされた」の意で、文字通りカンパリと氷だけをシェイカーに入れて振り、冷やし混ぜたものです。空気が混ざり、加水されることでとてもまろやかな味わいになります。

シェイクにより違った味わいが引き出されるカンパリ・シェカラート。

③ブールヴァルディエ

ブールヴァルディエとはバーボン(もしくはライウィスキー)、カンパリ、スイートベルモットを合わせたロックスタイルのカクテルで、いわゆるネグローニのバーボン版ですね。日本では知らない方も多いですが、世界的に人気のカクテルです。バーボンベースにバーボン樽熟成のカンパリの組み合わせは間違いなしです。

「伊達男」を意味するブールヴァルディエ。

上記以外にもいろいろ試しがいがあるので、カンパリ好きな方はぜひ自分好みの飲み方を開拓してみてはいかがでしょうか。

以上、本日のブログは小林がお届けいたしました。まだまだ他にもわりとご案内できてない商品があったりしますので、また少しずつご紹介ブログを書いていこうと思います。

042-527-1616