個性あふれるクラフトジン4種をご紹介

 

今日のブログは、少し前に入荷してまだご案内できていなかったジンを4種類ご紹介いたします。

赤ワインのようなジン「ジェネラス パープル」 

こちらは天然由来原料のみを使用したフランスのプレミアムジン「ジェネラス」より生み出されたジン市場初の、抗酸化作用を持つ赤ワイン由来のポリフェノールを含んだジンです。液体もワインのような綺麗なルビー色をしています。

赤ワイン特有の味わいがしっかり反映されていて、口に含むとジンと赤ワインの間のような不思議な味わいが広がります。そのあとからピンクグレープフルーツのもつシトラスフレーバーが爽やかに残ります。ジンも赤ワインも好き、という方にはぜひお試しいただきたいオシャレなジンです。

使用ボタニカル:ジュニパーベリー、ピンクグレープフルーツ、ティムットペッパー(ネパール山椒)、ブドウ由来ポリフェノールなど

フランスらしい芸術的なボトルデザインのジェネラス・パープル

アイリッシュミルクジン「バーザス・リベンジ」

ベーススピリッツとしているのは、なんとミルクからチーズを造るときの副産物である「ホエー」。昔からホエーは廃棄されてきましたが、そのホエーに特別な酵母を加えることで、乳糖をアルコールに変化させてホエーのスピリッツがつくられます。

そこにアイルランドの湧水と18種類のボタニカルを使用してつくられたのがこのバーザスジン。ホエー由来のなめらかな口当たりに加えて、クミン、コリアンダーのスパイシーさが際立ちます。ストレートやロックもいいですが、カクテルにするならドライオレンジを添えたジントニックがおすすめです。

かわいい牛のラベルが特徴的なバーザスリベンジジン

※ちなみにバーザスという名前の由来は、アイルランド伝説の牛で、39頭も子牛を産み、49歳まで生きたギネス記録を持つ「Big Bertha」にあやかって名づけられたようです。すごい牛さんですね。

燻製香る「ダーンレイズ スモーク&ゼスト」

こちらはダーンレイズ蒸留所の限定版シリーズの1本。スモーク(煙)&ゼスト(柑橘の皮)という名の通り、オレンジピールの香りとスモーキーなフレーバーがマッチした複雑かつ絶妙な逸品です。

松の木のチップで燻製した大麦を使用したベーススピリッツに、オレンジピールを含む数々のボタニカルとさらには、ラプサンスーチョン(正山小種)が使用されています。※ラプサンスーチョン…松の葉で燻して香りづけをしたスモーキーな香りの中国紅茶。

使用ボタニカル:ジュニパーベリー、コリアンダー、アンゼリカルート、オレンジピール、ローワンベリー、麦芽、ラプサンスーチョン(正山小種)

おすすめの飲み方はレモン、タイムを添えたジントニックと、このジンをベースにネグローニをつくると美味しい「スモーキーネグローニ」ができます。

スモーキーなジンはアイラモルトウィスキーが好きな人にもおすすめ

ベルギーの3姉妹がつくる「クローバージン・オリジナル」

ベルギーの大自然の中で育った3姉妹がつくりだす、とてもフローラルでフルーティな香りのジンです。女性蒸留家らしい、クローバーが描かれた可愛いボトルも素敵です。3姉妹だからクローバー(三つ葉)なんですね。

ジュニパーベリー、コリアンダー、カルダモンをベースに、ラベンダーやエルダーフラワー、カモミール、洋梨のはなやかな香りがしっかりと感じられて、ジンとは思えないほどフレッシュで柔らかな味わいを生み出しています。そしてほのかに香るクローバーフラワー(シロツメクサ)のエッセンスもポイントです。

草花が広がる野原に寝転がってるかのような、大自然を感じさせる心地のいい香りで、最初香りをかいだときは結構な衝撃をうけました。

おすすめの飲み方はオフィシャルでも公開されている「クローバージントニック」。トニックで割ったらライムではなく、コリアンダーリーフ(パクチー)と生姜のスライスを添えます。独特のオリエンタルな香りと生姜の風味が、クローバージンのアロマをさらに引き立ててとても美味しいです。

パクチーは嫌いな方は他にもクローバージンのカクテルレシピがございますので、ぜひお試しいただきたいです。

とてもみずみずしい香りのクローバージンにコリアンダーとジンジャーがよく合う。

というわけで、4種類の個性的なクラフトジンを紹介しました。他にもジンの種類は豊富に取り揃えておりますので、ジン好きな方はぜひいろんな飲み方やカクテルベースで試してお気に入りを見つけてみてください。

以上、本日のブログは小林がお届けいたしました。

042-527-1616