映画にまつわるお酒をご紹介~シネマシティで映画を見た後はぜひ当店へ

 

こんにちは川口です。

今回のテーマは”映画とお酒”です。自分結構映画が好きなので、映画に登場したり又はイメージされた、お酒やカクテルを紹介したいと思います。

立川の映画館といえば、イタリアンのお店『マザーズオリエンタル 立川北口店 』が入るビルにある、立川シネマシティ(シティ・ワン)と、ジョナサン 立川北口店の隣にある立川シネマシティ(シネマ・ツーなどのシネコンがBAR Zolddichの近くにあります。ご存じの方も多いかもしれませんが、立川は実は映画の街でした。昭和30~50年代まで立川駅近辺には、10以上の映画館があったとの事。地元の方には有名ですが、日活大通りもあります。では、”映画とお酒”少ないですが、いくつか紹介していきます。

“カサブランカ”

1942年公開の名作です、ヒロインのイングリット・バーグマンの代表作のひとつです。この作品に登場するのは前回紹介した「シャンパン・カクテル」「フレンチ75」です。

「フレンチ75」はフランスの大砲が名前の由来で、第一次世界大戦でフランスの勝利を祈願して、考案されたと伝えてらえています。映画の舞台は第二次大戦下のフランス領カサブランカ。そんな時代に、主人公の店で女性がドイツ兵と共にオーダーするシーンがありますが、名前の由来を考えると皮肉ですね。

ジン、レモンジュース、シュガーをシェークしてスパークリングワインでUPします。

“ゴッドファーザー”

ご存じの方多いマフィア映画の金字塔。そんな映画をイメージしたカクテルが、その名も「ゴッドファーザー」です。ウイスキーとアマレットを使ったカクテルで甘さが心地よいです。

主人公はイタリア系アメリカ人なので、杏子の種子を使ったイタリアのリキュール、アマレットを使用します。アマレットは”愛のリキュール”と呼ばれ、家族愛がテーマのひとつであるこの映画にぴったりですね。因みに、一度は聞いた事もあるでしょう、ゴッドファーザーのテーマの題名は”愛のテーマ”です。ウイスキーは色々な意見がありますが、スコッチを使うレシピがメジャーのようです。アメリカなのにスコッチ?と思いますが。禁酒法時代、マフィアは本場のスコッチをこぞって密輸したから、だと言われます。

ウイスキーとアマレットというシンプルなレシピ。最後にオレンジの皮で香りづけします。

因みに駄作と言われますが、自分はpart3が一番好きです… 

“ロンググッバイ”

レイモンド・チャンドラーの小説、長いお別れの劇場版です。登場するのは「C・C ジンジャーエール」です。”C・C “とはカナディアン・クラブウイスキーです。でも有名な「ギムレット」ですね。主人公の“ギムレットにはまだ早い”という台詞が有名です。

ジンとライムジュースのみのクラシックカクテル。

よくギムレットには(年齢的)に早い(若い)、といったニュアンスで使われますが、本来はギムレットを飲むには(時間的)に早い、という意味です。非常に有名な台詞なのですが、残念ながら、映画版にはこの台詞は無いとの事。

今回は3本の映画から紹介させて頂きましたが、もちろんまだまだ、沢山の映画があります。映画の主人公が飲んでいたお酒を、自分も飲んでみたい!という方は是非お試し下さい。また、シネマシティで映画をご覧になった映画にまつわるお酒やカクテルをご紹介~シネマシティで映画を見た後はぜひ当店へ。ご来店お待ちしております。

いやぁ~映画って本当に良いものですね。

042-527-1616