【ミクソロジー】自家製ジンジャービアで作るダークアンドストーミー

 

カクテル

皆さんはDark ‘n’ stormy (ダークアンドストーミ―)というカクテルをご存知でしょうか?日本ではあまり知られていないですが、世界的にはスタンダードで、毎年カクテルランキングで上位に入るラムベースのカクテルです。

(※カクテルランキングはイギリスのDrinks International が発表するもので、The World’s 50 Best Bars などを受賞している世界的トップバーを対象に、各店の売れ筋カクテルをランキングにしたものです。)

ダークアンドストーミーはバミューダ諸島生まれのカクテルで、ダークラムとジンジャービアを使ったシンプルなレシピです。日本でも有名なカクテルだと雰囲気的にはモスコミュールやボストンクーラーに近い感じですね。こちらのカクテルを今回は自家製のジンジャービアを使って作っていきます。

ジンジャービアとは…

ジンジャービアをご存知ない方も多いと思いますのでここで簡略的にご説明します。ジンジャービアは、炭酸ガスを添加してつくるジンジャーエールとは違い、生姜を砂糖で煮出して作ったシロップに酵母を入れて天然発酵させ、その過程で炭酸ガスが発生したものとなります。

自家製ジンジャービアを作る

材料と作り方

  • 生姜(国産) 300g
  • グラニュー糖  280g
  • レモン 1/2個(またはレモン果汁 20cc程度)
  • レモンスライス 2枚
  • 鷹の爪 (種は取り除く)1本
  • ドライイースト菌 3g
  • 1.5または2リットルの炭酸用ペットボトル

①生姜を丁寧にブラシなど使って細部まできれいに洗います。泥や傷がついてるところはそぎ落としておきます。そのあと皮ごと4、5㎜程度に包丁でスライスしてグラニュー糖と一緒に小鍋に入れます。

②生姜とグラニュー糖をもみ込むようにしっかりと混ぜあわしていくと、生姜から水分がでてきてグラニュー糖が溶けてなじみます。その状態で半日~一晩ほど放置します。

生姜の水分がかなり出て砂糖が溶け、しっかり漬け込まれてる状態になります。

③水を200cc加え、レモンスライス、鷹の爪を入れて強火にかけます。沸騰したらアクを取り除き、弱火におとし蓋をして(時々混ぜながら)20~30分煮込みます。火を止めたら濾してまた鍋に入れます。

④レモン果汁20ccと水を200ccを加え、冷たい場合は人肌程度の温度(36~37℃)になるように極弱火にかけて温度を調整します。適正温度になったらイースト菌を入れ、よく混ぜ合わせてから漏斗でペットボトルにうつします。※50℃を超えているとイースト菌が死んでしまうので注意。

⑤しっかりと蓋をきつく締めたらペットボトルをよくシェイクして、なるべく暖かい室温で日の当たらない場所に置いておきます。自然発酵で生まれる炭酸ガスにより、8時間程度でペットボトルが張って固くなります。あとは冷蔵庫にうつして冷やしたら完成。

噴き出さないようにゆっくり少しずつ蓋を開けたら、小瓶に移し替えて冷蔵保存しておきます。

自家製ジンジャービアの完成!

ダークアンドストーミーの作成

レシピと作り方

  • ダークラム(今回はハバナクラブ7年を使用) 45ml
  • 自家製ジンジャービア 適量
  • ライム 1/6カット

作り方は至ってシンプルです。氷を入れてよく冷やしたタンブラーグラスに、まずジンジャービアを8分目くらいまで注ぎます。ダークラムをバースプーンを使ってフロート(=混ざらないように浮かべる)させ、ライムを軽く絞って添えたら完成です。

夏におすすめ、自家製ジンジャービアのダークアンドストーミー。

ダークラムがフロートされているので最初はしっかりラムが香りますが、飲むごとに少しずつジンジャービアと混ざって味わいが変わっていくのも楽しめるカクテルです。自家製ジンジャービアはダークアンドストーミーだけでなく、モスコミュールなどに使っても美味しいです。

また、生姜成分ショウガオールは体の芯からほかほか温めてくれるので、この時期冷房で体が冷えやすいような女性のお客様に特におすすめです。体冷えてきたけどホットカクテルだと喉が渇くし…という時には是非おためしくださいませ。

以上、本日のブログは小林がお届けいたしました。

042-527-1616