【限定生産】ウルフバーン×立川オリジナルウイスキー入荷

 

今回は、立川限定のオリジナルウイスキーボトルのご紹介です。

WOLFBURN蒸留所とは?

WOLFBURN(ウルフバーン)は、1821年創業のスコットランド最北端の地に創業された蒸留所で1877年に廃業。長い時を経て廃墟と化していた短命の蒸留所の名を受け継ぎ再建されたのが2011年。最高責任者のアンドリュー・トンプソン氏がこだわる『HANDCRAFTED,NO AUTOMATION』。できる限り機械に頼らず、昔ながらの手作業や伝統を重んじて作られるクラフトウイスキー。再生してまだまもないものの、飲みごたえや完成度も高く、近年世界でも注目されています。

そしてこの度ウルフバーンから、立川限定のオリジナルボトルが生まれました!

立川オリジナルウイスキーの特徴

蒸留年は2015年(熟成年数5年)と若いですが、物足りなさもなくとてもバランスのいい味わいで、ほんのりとピーティーでありながら甘みも感じられ、しっかり美味しいウイスキーに仕上がっています。樽はファーストフィル(空き樽)のバーボン樽を使用。度数は58.4%と少々高めですが、トゥワイスアップやハーフロック、水割り、ソーダ割り、いろいろな飲み方を試して、好みの飲み方を探していただくのが面白いかもしれません。

ちなみに『ウルフ』の名は、かつてその地に野生のオオカミが多く生息していたことから名付けられています(バーンは川の意味)。今では乱獲により、すでに絶滅してしまっているようですね…悲しい。

この立川ウルフバーンは320本限定生産です。立川の中でも取り扱い店舗、販売店は北口エリアのみ。ぜひこの機会に一度お試しくださいませ。

【WOLFBURN×立川限定リリース】オリジナルボトル取り扱い店舗一覧

  1. 伊勢丹 立川店(ボトル販売)
  2. 高島屋 立川店 (ボトル販売)
  3. パレスホテル立川 (BAR ロイヤルオーク)
  4. ホテルエミシア東京立川
  5. SORANO HOTEL
  6. Dragonfly BAR
  7. 路地裏ダイニング Brio
  8. BAR-ASHIYA
  9. GOSHIKI
  10. room
  11. BAR Zolddich
  12. やさいの Shot BAR あぐりこ
  13. 石炉端

【企画】立川商工会議所 立川コンベンション協会(仮称)設立準備室

042-527-1616