ラモスジンフィズ~カクテル言葉の意味は『感謝』

 

こんにちは、今もなお『バラライカ』と向きあっている川口です。

以前のブログにも書きましたが、自分は最近まで型枠大工という仕事をしていました。今回私事ですが最後の現場が終わり、型枠大工を引退しました。長いようで短い3年間でしたが無事に現場も終わり、大きな怪我もなく終える事ができました。

バーテンダーと型枠大工は共通点が多い

型枠大工をはじめ現場での仕事って大変です。夏は暑いし冬は寒いし、危険がたくさんあります。でもやりがいのある仕事です。何年も形が残って地図に載りますからね。自分が携わった場所を見ると、あぁ、ここ大変だったなぁ、、、でも綺麗に仕上がって良かった!しかもこれからも残り続けると思うとちょっと感動します。バーテンダーと型枠大工。全然違う仕事のように感じる方が多いように思いますが、実は共通点が多いと思います。

お客様に喜んでいただけるのが一番の喜びです

一杯のカクテル。一棟の建物。それぞれ形も大きさも違えど、そこにかける気持ちは一緒ではないでしょうか。些細な事でも手を抜かず、気づかれないような事でもこだわる。型枠大工をやっていて改めて気づいたような気がします。お客様に美味しいと言っていただける。あそこの大工さんは良い仕事をしてくれたと言ってもらえる。そう言っていただける事が一番の喜びです。

これからはバーテンダーとしてゾルディックで働いていくわけですが、型枠大工で得た経験を忘れないように、3年間一緒に働けた方々への感謝を忘れず頑張ります。3年間型枠大工をやっていて良いこと、悪いこと、いろいろな事がありました。自分の中の型枠大工思い出ベスト3。

型枠大工の思い出:第3位

ブラケット(足場板を乗っける金物)が二階から落ちて来て後頭部に直撃した事。打ち所が悪かったら、結構ヤバかったです。

型枠大工の思い出:第2位

スロープを駆け上がったら梁に頭をぶつけて後ろに吹っ飛んだ事。何が起きたのか理解出来ず、親方に爆笑されました。廻し蹴りでもくらったのかと思った…

型枠大工の思い出:第1位

親方との飲み会で、二人で2時間でビールを24リッター飲んだ事。その後さらに焼酎を2本飲んだんですけど…二人とも記憶があまり無いようです。

親方にバーテンダーとして認められることが今の目標の一つです

そんな親方でしたが仕事中はまさに鬼でした。何回怒鳴られたことか…いつか親方に胸を張って美味しいカクテルを出すこと。バーテンダーとして認められること。それが今の目標の一つです。

花言葉のように、カクテルにも言葉があります。ということで本日の一杯はラモスジンフィズを。このカクテルの意味は『感謝』です。今まで一緒に働いた方々と親方に感謝を込めて。

レシピ
ジン60ml
生クリーム20ml
シュガー20ml
レモンジュース15ml
ライムジュース15ml
オレンジフラワーウォーター5dashes
卵白1個分。
シェイクして注いだ後にソーダで満たす。

042-527-1616