【新メニュー】たらことスルメイカの和風パスタ~イカは火を通しすぎないのがポイント!

 

どーも僕です。最近特に何もない僕こと倉元昌浩です。あー何か楽しいことないかなーーーと叫んでみました。

今回のブログで紹介する料理は、たらことスルメイカの和風パスタです。材料は、たらこ、スルメイカ、バター、刻み海苔、水菜です。

国内で最も漁獲量が多いのはスルメイカです。スルメイカの特徴ですが、大きさは漁獲される時期や成長度によって変わります。春に日本海で獲れるシンコイカ(新子いか/伸子いか)と呼ばれる胴長が2~3cmのものや、初夏に相模湾など関東周辺で獲れる15~20cmのもの、その後成長した25~30cm程のものなどです。冬の時期のイカは東シナ海あたりから九州北部で12月から3月に発生し、黒潮にのって太平洋側をオホーツクあたりまで北上してから、その後、一部はそのまま太平洋を、多くは津軽を通って、日本海を東シナ海に向けて下っていくとされています。

また、スルメイカは生きている時は通常は半透明なのですが、興奮すると全体に赤褐色に発色します。魚市場で見られるものは、この発色した状態で、この色はケンサキイカやヤリイカの色に比べて濃いのが特徴です。

それではパスタを作っていきたいと思います!!まず初めにイカをさばいていきます。

立川ルミネの魚力で購入したイカ。

まず、胴の中に指を入れ、筒状の外身と足や頭の接合部分を指ではずします。次に、 足を束ねてもち、静かに引っ張って内臓ごと引き抜きます。ゲソの部分と内臓を切り離し、ゲソの触手の先を切り捨てます。そして、ゲソの付け根にある目玉と、くちばしを取り除き、外身から軟骨を抜き取り、エンぺらをむしり取ります。最後に、外身の皮をはがし、2mm幅で切ります。

 

たらこばらこと下処理したイカです!!

続いて、大き目の鍋にお湯と塩を入れ沸かし、お湯が沸騰したらパスタを茹でます。耐熱のボールにバターを入れパスタの茹で汁を加え、たらこを加えていきます(①)。この時、パスタが茹で上がる少し前にイカを入れ湯煎します。イカは火を通しすぎないのがポイントです。茹で上がったパスタ・湯煎したイカを①に入れ、優しく混ぜ、お皿に盛り刻みのり。ねぎを散らばせて完成です!!

長い間お付き合いいただきありがとうございました。現場からは以上です!倉元昌浩がお送りしました!

 

 

 

 

042-527-1616