去年のリベンジ ~4周年パーティー開催

 

お知らせ

立川屋台村パラダイスに初めてお店を構えたのが4年前の4月2日。自分が31歳の時に他の不動産情報をロクに調べもせず、バーの居抜き物件なので初期投資が少なくて済むということだけで決めた。物件を見つけてからヤルって決めるまでが約2週間。当時勤めていたバーの店長に話して辞めるまでが約1か月。辞めてからオープンまでが1週間。今思い返すと無茶なスタートを切ったなぁと今更ながら思う。

ゾルディックの前の居抜きの状態。もともとは『スイダラバー』というお店で酒もシェーカーもレジもFAXも置いてあった。使えるものは全部使うことに。

そもそも自分が飲食業界に入ったきっかけは、ハタチを超えてタラタラとフリーターをしていた自分に母親が『あなたは手に職をつけた方が良い。2、3年修行してラーメン屋さんでも出せば良いじゃない。お父さんがお金出してくれるかもしれないよ。』と言ってきた。専門学校を卒業してからちゃんと就職しなかったのを負い目に感じていた自分には『たまには素直に言うことを聞くのも親孝行になるかな』と思い、山梨から親の知り合いの長野県にある中華料理店に弟子入りすることになった。実際に3年間修行して山梨に帰ってきて、親に『お店出したいんだけど』と言ったところそんな甘い話があるわけがなく、結果的に全部で10年間さまざまな飲食店で経験を積むことになった。(3年間の修行だけで山梨にお店を出していたら確実に潰れていたと思う。)

晴れて自分のお店を出したのは良かったけど、屋台村ではホント色んなことがあった。雨、雪、台風の時は、お店は暇になるけどいろいろとキツかった。トイレが店内に無いので外の共用のとこに行くだけで雨に濡れるし、カウンター席と客席が繋がっていない構造だったので一旦裏口から外に出てダッシュで表のドアを開けてお客様のお見送りをしたりした。4坪半の狭い店内には電子レンジすら置く場所が無かったので、しょうがないから屋外用のロッカーの中に無理やり設置して、雨でズブ濡れになりながらパスタを茹でている間にシェーカーを振ったりしていた。

バックバーはギュウギュウ。置き切れないものはカウンターの上や外に置くことに。

そして3周年を迎えた頃が特に大変だった。大事なスタッフが急にいなくなってしまったり、契約寸前の物件が急に白紙に戻ってしまったり、手首の軟骨にヒビが入ってしまって【TFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷】、3か月間片手だけで料理やお酒を作ったりしていた。毎年欠かさずに周年パーティーをやっていたけど、とてもお祝いをする雰囲気ではなかったので3周年パーティーは見送ることにした。

2周年パーティーの様子。カウンターの上に暖房用のハロゲンヒーターを置いて、手動で肉を回してケバブ食べ放題。ハロゲンヒーターってすごい!

常連のお客様や周りのみんなには心配をかけてしまったと思う。それでも諦めず毎日不動産情報を集め、なんとか新しい物件を見つけて他業種から勝ち取り、予定よりも約半年遅れてしまったが新しい店舗に移ることが出来た。そして4月2日、屋台村の頃も含めるとまる4年。去年できなかった3周年パーティーの分まで派手に盛り上げたいと思う。(パーティーは周年日から1週間ずらしてます。)

日時:4月9日(日)17:00〜23:00
会費:5,000円
フリードリンク
でっかいマグロを解体予定。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

雨宮尚人

042-527-1616