【スーパーフードカクテル】ドラゴンフルーツのソルティライチ風

 

カクテル

季節によっていろいろな旬を味わうことができる、人気のフレッシュフルーツ・カクテル。今回は「ドラゴンフルーツ」を使って、さっぱりとした初夏向けの新作をご紹介いたします。とは言え、ドラゴンフルーツ自体、日本では一般的に馴染みもなく、食べたことがない方も多いと思いますので、どんなフルーツなのかまず少しご説明します。

ドラゴンフルーツは栄養豊富なスーパーフード!

ドラゴンフルーツ(別名:ピタヤ)はサボテン科の果実。原産はメキシコと考えられているようですが、今は東南アジアで多くつくられています。(※日本でも主に沖縄で栽培されています。)種類はさまざまですが、今回使用するのは、中身が白いホワイトピタヤと呼ばれるタイプ。特徴的な外見とはうらはらに、その味はあっさりとした甘みで数あるフルーツの中でもカロリーが低く、栄養がたくさんつまったスーパーフードとして海外セレブにも人気の果物。

含まれる栄養素はビタミンB1・B2、葉酸、ナイアシン、ビタミンC、カロチンなどのビタミン類に加え、さらにカリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルがたくさん含まれています。そして美容に必須の食物繊維や、老化防止に有効なポリフェノール、アントシアニン、さらに解毒作用をもつアルブミンまで入っています。もはや健康美容食ですね。

こちらは中が白いタイプのドラゴンフルーツ。中国では「火龍果」と言われるだけあって、外皮が龍のウロコのよう。

ドライ・ドラゴンフルーツを作る

まずはカクテルのデコレーション、ガーニッシュ用にドライ・ドラゴンフルーツを作ります。3~4mm程度の厚さに輪切りにして、ディハイドレーターに並べてセットします。50℃程度で半日以上かけてしっかり乾かしたら完成。冷蔵庫で3日ほど寝かせると、生で食べたときよりも甘みが増して美味しくなりました。

色もキレイな仕上がり。

ソルティライチをイメージしたゼリーカクテルに

ドラゴンフルーツの果肉はサクサクしていながらも柔らかく、ちょっとゼリーっぽさもあります。そしてたくさん詰まったチアシードのような種が、プチプチとしてキウイフルーツを食べた感じに近い食感をうみます。この2つの特徴を活かして、ゼリー飲料のようなテクスチャーのカクテルに仕上げていきます。味わいは暑い日でもさっぱりとお召し上がりいただけるよう、夏によく売られている人気のドリンク「ソルティライチ」風にアレンジ。

まずドラゴンフルーツを半分にカットし、外皮をむいて果肉を取り出し、クラッシュゼリーのようになるまでマッシャーで丁寧につぶします。ボストンシェーカーで材料を合わせていきます。

  • バカルディ・ホワイト 25ml
  • ディタ・ライチ 5ml
  • グレープフルーツジュース 40ml
  • 食塩水 2drop
  • シュガー 適量

シェイクしてよく冷やし混ぜたら、氷を入れておいたグラスに注ぎます。外皮とミント葉を飾ったら、ガーニッシュに作っておいたドライ・ドラゴンフルーツを添えて完成です。

スーパーフードならぬスーパーカクテル「ドラゴンフルーツのソルティライチ風」

ゼリーのようなとろとろ感に種の食感がアクセント。さっぱりヘルシーなドラゴンフルーツカクテル、ぜひ一度お試しください。特に女性のお客様におすすめです!

以上、本日のブログは小林がお届けいたしました。

042-527-1616